TOP > エモンの目「商品発掘物語」 > 【Vol.3】フランス産バスク豚

【Vol.3】 フランス産 バスク豚"キントア"

エモンが2006年から輸入しているバスク豚は、フランス・バスク地方の地種豚である純血バスク種の豚です。バスク豚の輸入の前には、 ラージホワイト、ランドレースフランセ、デュロック、ピエトランの交配種 の豚を輸入をしていて、それが純血バスク豚の輸入につながりました。

バスク豚は、ガスコーニュ豚、リムーザン豚、西部ホワイト豚、バイヨー豚とならび、フランス地種のひとつで、フランス・ピレネー地方西部とスペイン北部に生息していた豚が起源とされる、ピー・ノワール・デュ・ペイ・バスク種 という豚です。

純血度100%のバスク豚は、1980年代前半には頭数が激減し、絶滅が危惧されたのですが、シャルキュティエ(豚の加工品を作る職人)だったピエール・オテイザ氏らの尽力により国による保護プログラムが組まれ、1997年には血統書登録に認定されました。今日では、"キントア豚"として(バスク語でアルデュードの意味)A.O.C(原産地呼豚)の認定取得に向けて努力が続けられています。

バスク豚"キントア"は、戸外で生まれ、生後2ヶ月は母乳を飲んで育ち、識別のマークを足につけて、その後12~14ヶ月までは穀物飼料のほか、どんぐりや、ぶなの実を食べて 野山を駆け巡って育ちます。 生産量は年間2000頭、非常に希少価値のある豚なのです。

柔らかい肉質だけでなく、その香り高い脂は、さっぱりとした口どけで、今日本のレストランでも多くのシェフを魅了しています。

バスク地方の特産品はバスク豚以外にもたくさん。
ピマンデスペレットA.O.Cを使用した商品は、見た目も香りもよいものばかりです。

バスク豚 キントア 肩ロース

バスク豚"キントア"
肩ロース

ピエールオテイザ ブーダンノワール

ピエールオテイザ
ブーダンノワール

ピマンデスペレット入 マスタード

ピマンデスペレット入
マスタード

※パッケージのデザインは変更することがあります。

他のストーリーも読む

Vol.1 レザンドレ・オ・ソーテルヌ貴腐 レザンドレ・オ・ソーテルヌ貴腐

貴腐ワインに漬け込んだ葡萄のチョコレート
Vol.2 シャラン鴨 シャラン鴨

フランス高級鴨の代名詞
Vol.3 フランス産 バスク豚 キントア フランス産バスク豚 "キントア"

脂身が最高に美味しい、香り高い逸品
Vol.4 レニエリ レニエリ商品

伝統的なトスカーナの豚肉製品
Vol.5 キャスタン・フォアグラ キャスタン・フォアグラ

伝統的な方法で生産されるフォアグラ
Vol.6 メゾン アロステギー メゾン アロステギー

バスク地方特産を集めた高級食料品店
Vol.7 シュクル・ドルジュ シュクル・ドルジュ

17世紀から伝わる歴史あるキャンディ

当社の商品がお買い求めいただけるショッピングサイトです。 ケータリングサービス始めました 過去のNewsのアーカイブはこちら Facebook 始めました